スターダストの場合

グリッターサイン・スターダストのうち、壁にネジどめタイプ及び金具4個つきのカウンターサインタイプでは、グリッターアクリル板の裏側に白や黒やその他の色のアクリルの裏板を追加可能です。ご要望によっては、アルミ等の他の材質でも製作をうけたまわります。壁に接着タイプの場合、裏板が必ず付属します。

裏板の厚さは、壁に接着タイプの場合5mm、それ以外では2mmです。裏板によって背景が透過して見えることがなくなり、グリッターの輝きがより鮮明になります。裏板は金具で固定してありますが、接着はされていませんので、取り外すこともできます。また、グリッタープレートと裏板の間に紙をはさむこともできます。メニューなど、文字内容変更のご予定がおありでしたら、文字加工せずに、お客さまがプリントされた紙を挟んでご使用いただけます。

ウォールマウント・裏板つき
ウォールマウント・裏板つき

グリッターアクリル板に裏側から貼るマーキングフィルムの種類は限られます。不透過タイプで色鮮やかなフィルムは、発色の向上のために、多くが裏白の2層構造です(詳しくはこちらの「マーキングフィルム在庫色一覧」を参照ください)。ところがこの種のフィルムは、透明板の裏から貼ると色が変わってしまうため、この用途には使えません。一方、裏板にマーキングフィルムを貼ればそのような制約がなくなり、基本的にはすべてのマーキングフィルムが使えるため、高彩度のフィルムを、グリッターアクリル板の奥に使用可能です。また、白や黒の裏板の色を透過させて見せることもできます。

裏板と金具
裏板と金具

グリッターアクリル板と裏板とは接着されておらず、重なっているだけです。それらの間にはすきまがありますので、雨で濡れれば水が中に入り、まだら状に広がります。そのため、裏板がグリッターアクリル板に密着したウォールマウントタイプ及びカウンターサインタイプは屋外使用には向きません。

ウォールマウントタイプでは、裏板を、グリッターアクリル板から離して、壁に直接固定することもできます。この場合、水が間に入っても滴下しますから、屋外使用も可能です。裏板に落ちる影がたいへん効果的です。 グリッターアクリル板と裏板とを重ねるか、それらを離して裏板を取付面に密着させるか、の設定は取付時にご自由におためし・お選びいただけます。

ウォールマウント・裏板つき・グリッターアクリル板と離して設置
ウォールマウント・裏板つき・グリッターアクリル板と離して設置

スターダストのフラットタイプでは、裏板が標準で付属します。グリッターアクリル板と裏板とが強固に接着されていますので、水が内部に浸入することはありません。

アクリシャイン・マーブル/プレーン/カラー、表札の場合

アクリシャイン・マーブル/プレーン/カラー、表札では、通常、裏側に2mm厚の裏板を貼り合わせてあります。アクリシャインの溝加工タイプの場合、加工の都合で、裏側に約0.2mm径以下の細かい穴が数個開いていることがあります。裏板はこの穴をふさいで雨水の浸入を防ぎ、さらに表札全体の強度を向上させます。また、「空」色では、裏板の色を白バックと黒バックからお選びいただけます。「空」色は背景を若干透過しますので、裏板の色で色調が変化します。

裏板は、お客さまのご希望により、省略も可能です。その場合、¥2,000円割引となります。また、約60g軽くなり、壁や塀への設置が楽になります。

ただし、裏板なしの場合、以下の点にご注意ください。

●裏側に約0.2mm径以下の細かい穴が数個露出することがあります。お客さまによる取付時に、接着剤を裏側にまんべんなく塗布して、雨水が入り込まないようにしていただく必要があります。

●「空」色はやや半透明のため、裏板なしの場合、壁の色が多少透けて見えます。また、裏板が白か黒かによっても、見え方が異なります。